バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事

ストキャスティクスでサインを探すバイナリーオプション攻略

ストキャスティクスってなに?

ストキャスティクスってどんなテクニカルチャートなの?

ストキャスティクスは、価格の変動幅から作られた「買われすぎ」「売られすぎ」を判断して購入タイミングを計るオシレーター系に分類されるテクニカルチャートです。

考案者は、アメリカのチャート分析家ジョージ・レーン(George Lane)によって1950年代に考案されました。

売買水準を計れる「RSI」と同じなの?

価格の変動の勢いから「買われすぎ」「売られすぎ」を判断できるテクニカル指標として、以前「RSI」を紹介しました。

この「RSI」と「ストキャスティクス」は、似たようで異なるテクニカル指標となっています。今回は、「ストキャスティクス」の見方や使い方を説明しながら、「RSI」との違いも合わせて説明していきます。 >>RSIについての記事はこちら

まずはチャートに表示させてみよう

まずは、ストキャスティクスを表示させたチャートを実際に見てみましょう。

ストキャスティクスを普通に表示した画像

ストキャスティクスを表示させると、RSIと同じく0%から100%の間で表示される折れ線が出てきます。RSIとは異なり、ストキャスティクスの折れ線は2本で構成されています。

線の名前は、●●色の線を「%K」、この「%K」の移動平均線となる●●色の線を「%D」と呼んでいます。

ストキャスティクスを表示させることで、直近9日間の値動きの幅に対して、現在の価格がどの程度の位置にあるかを判断できます。

RSIとの違い
RSIは、ある一定期間の絶対値幅に対して上昇した値幅の割合を%で表示していますが、ストキャスティクスは、直近の価格(終値)と安値の差、また直近の価格(終値)と高値の差から、高値、安値のどちらに近いのかを%で表しています。

計算式について

必ず覚えないといけないわけではありませんが、計算式を知っておくことでストキャスティクスが何から導きだされているか?どういう意味をもった指標なのかを理解することができます。

%Kの計算式

%K = 100×|(C-L9)/(H9-L9)|

記号の意味
C =直近の終値
L9 =過去9日間の最安値
H9 =過去9日間の最高値
| |は絶対値

ストキャスティクス-%Kの計算式の画像
%Dの計算式

%D=100×(H3/L3)

記号の意味
H3=(C-L9)の3日間の合計
L3=(H9-L9)の3日間の合計

ストキャスティクス-%Dの計算式の画像

ストキャスティクスの見方を覚えよう

ストキャスティクスの%部分の拡大画像

ストキャスティクスの見方は、RSI同様に%の割合で「買われすぎ」「売られすぎ」を判断します。100%に近くなるほど「買われすぎ」と判断でき、0%に近くなるほど「売られすぎ」と判断することができます。

ストキャスティクスは80%以上20%以下で判断

RSIの場合は70%以上で「買われすぎ」、30%以下で「売られすぎ」と判断していました。しかし、ストキャスティクスの場合は少し割合が違います。

ストキャスティクスを見る場合は、RSIと違って80%以上で「買われすぎ」、20%以下で「売られすぎ」と判断します。

その理由は、ストキャスティクスとRSIを同時に見てみると簡単にわかります。

ストキャスティクスとRSIを一緒に表示させた画像

どちらも同じ売買基準を示しているのに、RSIよりもストキャスティクスの方が振れ幅が多くなっています。これはストキャスティクスが直近9日間の値動きの幅で割り出されているので、全体を表示しているRSIのほうが緩やかな動きをしているからです。

80%以上20%以下で判断するのは、ストキャスティクスが直近9日間の値動きの幅を元にしているので、全体よりもより厳しい見方をする必要があるからなんです。

ストキャスティクスを使った買い時タイミング

ストキャスティクスは、80%以上で「買われすぎ」、20%以下で「売られすぎ」と判断すると書きましたが、実際にはどのタイミングで購入するのが一番よいのでしょう?

80%と20%のラインを超えたときに逆張りを狙えばいいんじゃないの?

80%を超えた、20%を下回ったときが購入タイミングというわけではありません。

実際にチャートを見てみましょう。

ストキャスティクス-80%と20%超えた画像

赤い丸で囲った部分が80%以上、20%以下の部分です。図を見てもわかるように、80%のラインを超えても更に90%近くに伸びている場合もあります。反対に、20%のラインを超えても更に10%近くまで沈むこともあります。

もし、80%を超えてすぐに「売られすぎですぐに値が下がる」と安易に予想すると、更に値が上がってしまい予想が外れてしまう。という可能性もあるということです。

では、どのタイミングを狙えばよいのでしょうか?

エリア内でのクロスを狙う!

80%以上のエリアと20%以下のエリア内で、%Kと%Dがクロスする瞬間を狙います。

ストキャスティクス-%Kと%Dがクロスしている画像
●80%以上のエリア
%Kが%Dを上から下へクロスしたら「下がる」と予想
●20%以下のエリア
%Kが%Dを下から上へクロスしたら「上がる」と予想

このタイミングで購入すれば、価格の天井や底を確認して購入できるので、更に値が上がったり下がったりする危険をかなり少なくすることができます。

FXならばリスクを背負ってでも、最高値や最安値で売買して利益幅を広げたいところでしょうが、バイナリーオプションの場合「上がる」か「下がる」かを予想すればよいだけなので、天井や底を確認してからでも遅くないでしょう。

注意しないといけないのは、天井や底を確認しての購入となるので、購入タイミングが少し遅れてしまう点です。購入が出遅れれば、トレンドの寿命もそれだけ短くなるので予想が外れてしまう場合もあるので注意して下さい。

ストキャスティクスで実際に取引してみた!

ストキャスティクスの見方や注意点などを解説していきましたが、実際にバイナリーオプション取引で攻略できるのか検証しているため、こちらも合わせて参考にしてみてください。

この記事のカテゴリ:テクニカル

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,724,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 153勝57敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +418,371円 【現在検証中!】
現在の勝敗 63勝21敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ(fivestarsmarkets)
現在の損益 +353,873円 【現在検証中!】
現在の勝敗 283勝125敗

仮想通貨(ビットコインなど)の相場を使って取引出来る事が魅力。価格の上下が大きいので取引チャンスが多い!500円から始める事もでき、初心者にもオススメ。

公式サイトはこちら

4位:トレード200

トレード200(TRADE200)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

ペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事!そして200円から取引を始められる為初心者にもオススメ!「経済指標カレンダー」で取引チャンスも丸わかり!

公式サイトはこちら

5位:オプションビット

オプションビット(optionbit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

相場の動きを予想してくれるシグナルツール『アルゴビット』が人気の業者です。さらに自動取引『フォロートレード』で勝率が高いトレーダーに取引を任せる事も!

公式サイトはこちら

6位:ソニックオプション

ソニックオプション(SonicOption)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

業界トップのペイアウト率2.02倍以上を誇る「レンジ取引」が大人気。500円から始められ初心者から上級者まで広い範囲でオススメ。

公式サイトはこちら