ボリンジャーバンド

  • 公開日 :
  • 更新日 :
このページのメニュー
概要 ボリンジャーバンドの特徴

概要

読み方:ぼりんじゃーばんど

英語:Bollinger Bands

計算式:ボリンジャーバンド = x日の移動平均 ± x日の標準偏差 × y

ボリンジャーバンドの図解

ボリンジャーバンドとは、アメリカ人の「ジョン・A・ボリンジャー」が1800年に考案したトレンド系のテクニカル指標です。移動平均線を利用し、レートが平均値からどれくらいばらついているかを表したもので、移動平均線を中心にばらつきを計算した線を上下に3本ずつ(ばらつきをσとし、それぞれ一定の倍率をかけた線)引いたものをボリンジャーバンドと呼びます。

移動平均線の上の線で中心線から近い順に、ばらつきを「+1σ」とし、遠くに行くにつれて「+2σ」「+3σ」になります。また、下の線が、移動平均線に近い順に「-1σ」、上の線と同様に離れていくにつれ「-2σ」「-3σ」となります。

シグマの考えで「1σ」というものは、レートが移動平均線とσ(シグマ)の間にあるときで、平均値から「-1σ」と「+1σ」の範囲になり、68.3%の確率で移動平均線と±1σの範囲に収まることを表しています。

レートの値動きが激しくなるとばらつきが多く、ボリンジャーバンドの幅が大きくなります。逆に、値動きが緩やかになるとばらつきが少なく幅は狭まります。

ボリンジャーバンドの3つの線は以下の式で求められます。
±1σ = x日の移動平均 ± x日の標準偏差
±2σ = x日の移動平均 ± x日の標準偏差 × 2
±3σ = x日の移動平均 ± x日の標準偏差 × 3

標準偏差:σ(シグマ) =√(x日×x日内の終値の2乗の合計-x日内の終値の合計の2乗) ÷ (x日 ×(x日-1)) 

ボリンジャーバンドの特徴

ボリンジャーバンドには、統計学上、それぞれのσの枠内に次の確率でレートが収まるという特徴があります。

「+1σ」と「-1σ」の間にレートが収まる確率は68.3%です。
「+2σ」と「-2σ」の間にレートが収まる確率は約95.5%です。
「+3σ」と「-3σ」の間にレートが収まる確率は約99.7%です。

当サイトで検証した攻略法を使って稼げている業者ランキング

実際に当サイトで検証した攻略法を使って利益が出ている業者をランキングにしています。業者ごとに利益が出てる攻略法を紹介していますので合わせてご覧ください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア
利益:+5,098,950円 勝敗:435勝93敗 勝率:82.3% 攻略:RSI分析で勝率70%以上安定トレード!

ペイアウト2.3倍(払い出し2.3倍)のスプレッド取引が大人気!短期取引で大きく稼ぐ事が可能です!
おすすめの理由は高ペイアウト率ももちろんですが、翌日出金が可能な点5,000円から始められる点、初回入金で5,000円のボーナスを貰える点も人気の秘訣。
当サイトでも実際に検証し、1番利益を出せているおすすめの業者です。

2位:ザオプション

ザオプション
利益:+1,418,371円 勝敗:163勝41敗 勝率:79.9% 攻略:ザオプションだけの10秒足トレード!

theoption(ザ・オプション)では、『スプレッドハイロー』『スプレッド短期』2種類のペイアウト2倍取引を提供しています。そしてテクニカル分析がとてもやりやすい『デスクトップアプリ』が使えます!
また、期間限定で口座開設後10日以内に10回取引を行うと10,000円分のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施中!

3位:ゼン・トレーダー

ゼン・トレーダー(zentrader)
利益:+89,540円 勝敗:22勝8敗 勝率:73.33% 攻略:現在検証中

ゼン・トレーダーではペイアウト率が最大1.97倍と高く、ドル円などに加え、仮想通貨の相場を使って取引が出来ます!
しかも土日でも取引可能!今なら口座開設で5,000円のキャッシュバックボーナスを貰えます!

4位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ(FiveStarsMarkets)
利益:+1,353,873円 勝敗:283勝125敗 勝率:70.2% 攻略:仮想通貨バイナリーオプションの”裏技攻略法”

ファイブスターズマーケッツはドル円などに加え、仮想通貨の相場を使って取引が出来ます!しかも365日24時間取引可能。変動が大きい仮想通貨は勝てやすい為オススメです!
500円から始められるので初心者にも◎。また、実際に出金検証を行い当日出金ができる事も確認しています。

この記事のカテゴリ:用語集