コア指数

投稿日:2013/09/03
このページのメニュー
概要 消費者物価指数(CPI) 生産者物価指数(PPI)

概要

読み方:こあしすう

英語:core index

コア指数とは、消費者物価指数(CPI)生産者物価指数(PPI)の主に2つで発表される様々な業種・サービスの物価指数から価格変動の大きい「生鮮食品を除く」物価指数のことです。

また、あらゆる種類の物価指数から「食料やエネルギーを除いた」ときは「コアコア指数」になります。

以上の内容は日本のコア指数についてのものです。

消費者物価指数(CPI)

消費者物価指数

消費者が買った商品やサービスなどの物価の動きを把握し、インフレ・デフレ対策の判断をする重要な統計指標のことです。

物価の変動を表す指数は、農林漁業や単身者の世帯以外の消費者世帯が購入する商品やサービスの物価が、基準となる年の物価と比較して算出(%表示)したものになります。

物価指数には、「家賃」「電気代」など約90品目あり、大きく分けて10項目あります。

食料
住居
光熱/水道
家具/家事用品
被服/履物
保険/医療
交通/通信
教育
教養/娯楽
諸雑費
以上の内容は日本の消費者物価指数についてのものです。

生産者物価指数(PPI)

米国や海外では「生産者物価指数」と呼ばれており、日本では「企業物価指数」と呼ばれています。ここでは日本の「企業物価指数」について説明します。

企業物価指数とは、生産者が売った商品や原材料などの物価変動を示すもので、主にインフレ率の判断材料として利用される指標のひとつです。

生産者が売る商品の物価が、基準年である物価と比較して割り出したもの(%表示)が物価変動の指数です。

企業物価指数には「国内企業物価」「輸出物価」「輸入物価」の3つに分かれています。

国内企業物価には、「食料品・飲料・たばこ・飼料」、「プラスッチク製品」など約20品目があり、大きく分けて7項目になります。

電力/都市ガス/水道
石油/石炭製品
業務用機器
食料品/飲料/たばこ/飼料
非鉄金属
農林水産物
化学製品

輸出物価には、「繊維品」、「化学製品」など7品目があり、大きく分けると4項目になります。

金属/同製品
電気/電子機器
化学製品
輸送用機器

輸入物価には、「石由・石炭・天然ガス」「食料品・飼料」など10品目があり、大きく分けると4項目になります。

石油/石炭/天然ガス
金属/同製品
食料品/飼料
その他産品/製品

この記事のカテゴリ:用語集

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

人気No.1

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)

ペイアウト最大2.20倍と、他と比べ断トツに稼げる事が人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

ザオプション(theoption)

theoption(ザ・オプション)

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在口座開設&初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)

仮想通貨(ビットコインなど)の相場を使って取引出来る事が魅力。価格の上下が大きいので取引チャンスが多い!500円から始める事もでき、初心者にもオススメしています。分析ツールあり。

公式サイトはこちら

トレード200

トレード200(TRADE200)

ペイアウト率2倍固定のRETURN200取引がある事!そして200円から取引を始められる為初心者にもオススメ!経済指標カレンダーで取引チャンスも丸わかり!

公式サイトはこちら

ソニックオプション

ソニックオプション(SonicOption)

業界トップのペイアウト率2.02倍以上を誇る「レンジ取引」が大人気。500円から始められるので初心者から上級者まで広い範囲でオススメしています。

公式サイトはこちら