連邦準備制度理事会

投稿日:2013/09/03
このページのメニュー
概要 12の地区連邦準備銀行 連邦準備制度理事会の歴史

概要

読み方:れんぽうじゅんびせいどりじかい

英語:Federal Reserve Board

連邦準備制度理事会とは、米国の中央銀行(日本で言う日本銀行)にあたる連邦準備制度(Federal Reserve System, FRS)の最高意思決定機関です。

首都のワシントンD.C.にある連邦準備制度理事会は、14年任期の7名の理事(のうち議長1名、副議長1名)から構成されています。また、連邦準備理事会統括の下、アメリカ合衆国の12の主要都市にある地区連邦準備銀行(地区連銀)があり、実際の通貨発行など中央銀行業務はこの地区連邦準備銀行で行われています。

議長は、「大統領の指名」「上院における承認」というプロセスを経た上で連邦準備理事会7名のメンバーの中から選ばれます。

12の地区連邦準備銀行

連邦準備銀行 (Federal Reserve Banks)

主な業務として「市中銀行の監督」、「規制」、「公開市場操作以外の連邦準備制度の業務」、「連邦準備券(ドル紙幣)の発行」などを行い、米国の連邦準備制度を構成する中央銀行のことです。

米国を12の地区に分けてそれぞれの主要都市に連邦準備銀行を設置し、地区ごとで「銀行の銀行(市中銀行の預金を預かる銀行)」として役割を果たしています。

第1地区:ボストン連邦準備銀行
第2地区:ニューヨーク連邦準備銀行
第3地区:フィラデルフィア連邦準備銀行
第4地区:クリーブランド連邦準備銀行
第5地区:リッチモンド連邦準備銀行
第6地区:アトランタ連邦準備銀行
第7地区:シカゴ連邦準備銀行
第8地区:セントルイス連邦準備銀行
第9地区:ミネアポリス連邦準備銀行
第10地区:カンザスシティ連邦準備銀行
第11地区:ダラス連邦準備銀行
第12地区:サンフランシスコ連邦準備銀行

連邦準備制度理事会の歴史

アメリカ合衆国は1776年に建国して以来、「第一合衆国銀行」や「第二合衆国銀行」のような試みはありましたが、分権主義者の反対により中央銀行は成立することなく、各銀行等が米国債などを使って紙幣を発行していました。

1907年には、ロンドンで米銀行の手形割引拒否から恐慌が起きて、アメリカ合衆国内の決済システムが混乱しました。

この問題へ対策するため、1910年11月22日、当時金融業界TOPにいたJ・P.モルガン所有のジョージア州沿岸ジキル島で会議が行われ、FRB設立についての計画が議論されました。

1913年に、ウッドロウ・ウィルソン大統領がJ・P.モルガンやポール・ウォーバーグ、ジョン・ロックフェラーの財力を後ろ盾に、オーウェン・グラス法(FRBを創設する法律)に署名をしました。

この年多くの上院議員達が休暇で不在の隙をついて議会を通過させ、12月23日にワシントンD.C.に駐在する連邦準備制度理事会と12の地区に分割された連邦準備銀行により構成される連邦準備制度が成立しました。

当サイトで検証した攻略法を使って稼げている業者ランキング

実際に当サイトで検証した攻略法を使って利益が出ている業者をランキングにしています。業者ごとに利益が出てる攻略法を紹介していますので合わせてご覧ください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア
利益:+5,063,100円 勝敗:426勝91敗 勝率:82.2% 攻略:RSI分析で勝率70%以上安定トレード!

ペイアウト2.3倍(払い出し2.3倍)のスプレッド取引が大人気!短期取引で大きく稼ぐ事が可能です!
おすすめの理由は高ペイアウト率ももちろんですが、翌日出金が可能な点5,000円から始められる点、初回入金で5,000円のボーナスを貰える点も人気の秘訣。
当サイトでも実際に検証し、1番利益を出せているおすすめの業者です。

2位:ザオプション

ザオプション
利益:+1,418,371円 勝敗:163勝41敗 勝率:79.9% 攻略:ザオプションだけの10秒足トレード!

theoption(ザ・オプション)では、『スプレッドハイロー』『スプレッド短期』2種類のペイアウト2倍取引を提供しています。そしてテクニカル分析がとてもやりやすい『デスクトップアプリ』が使えます!
また、期間限定で口座開設後10日以内に10回取引を行うと10,000円分のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施中!

3位:ゼン・トレーダー

ゼン・トレーダー(zentrader)
利益:+89,540円 勝敗:22勝8敗 勝率:73.33% 攻略:現在検証中

ゼン・トレーダーではペイアウト率が最大1.97倍と高く、ドル円などに加え、仮想通貨の相場を使って取引が出来ます!
しかも土日でも取引可能!今なら口座開設で5,000円のキャッシュバックボーナスを貰えます!

4位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ(FiveStarsMarkets)
利益:+1,353,873円 勝敗:283勝125敗 勝率:70.2% 攻略:短期取引に特化したシグナルツール!

ファイブスターズマーケッツはドル円などに加え、仮想通貨の相場を使って取引が出来ます!しかも365日24時間取引可能。変動が大きい仮想通貨は勝てやすい為オススメです!
500円から始められるので初心者にも◎。また、実際に出金検証を行い当日出金ができる事も確認しています。

5位:トレード200

トレード200
利益:+90,000円 勝敗:21勝8敗 勝率:72.41% 攻略:ボリンジャーバンドで1分取引攻略!

トレード200(TRADE200)の特徴はペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事です。そして200円から取引を始められる為初心者にもおすすめ!
取引チャンスが分かる経済指標カレンダーはトレード200だけです。更に入金時やキャンペーン時に貰えるポイントは1ポイント=1円で取引に使用可能。

6位:ソニックオプション

ソニックオプション
利益:+12,350円 勝敗:7勝3敗 勝率:70.00% 攻略:取引タイミングが分かるメールで攻略!

ソニックオプションはバイナリー業者では高いペイアウト率2.02倍のレンジ取引が出来ます。更にメールや公式LINEでその日の狙い目を教えてくれるので、初めての方はおすすめです。
入金時やキャンペーン時には取引に使えるポイント(1P=1円)を貰えるのでお得に始める事も出来ます!

7位:Betc.io

Betc.io
利益:0円 勝敗:0勝0敗 勝率:0% 攻略:現在検証中

Betc.ioは他のバイナリーオプションとは違い、スプレッドオプションという新しいジャンルの取引が可能で、取引の際に倍率設定が出来るのが魅力的。
勝ち額の5倍~25倍に設定できるので大きく儲ける事が出来る業者です。
HIGHかLOWのシンプルな取引方法ですが、デモ取引も完備してるので取引の練習を事前にして取引に慣れる事も出来ます。

この記事のカテゴリ:用語集