バイナリーを始める前に徹底比較!

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事

連邦準備制度理事会

このページのメニュー
概要 12の地区連邦準備銀行 連邦準備制度理事会の歴史

概要

読み方:れんぽうじゅんびせいどりじかい

英語:Federal Reserve Board

連邦準備制度理事会とは、米国の中央銀行(日本で言う日本銀行)にあたる連邦準備制度(Federal Reserve System, FRS)の最高意思決定機関です。

首都のワシントンD.C.にある連邦準備制度理事会は、14年任期の7名の理事(のうち議長1名、副議長1名)から構成されています。また、連邦準備理事会統括の下、アメリカ合衆国の12の主要都市にある地区連邦準備銀行(地区連銀)があり、実際の通貨発行など中央銀行業務はこの地区連邦準備銀行で行われています。

議長は、「大統領の指名」「上院における承認」というプロセスを経た上で連邦準備理事会7名のメンバーの中から選ばれます。

12の地区連邦準備銀行

連邦準備銀行 (Federal Reserve Banks)

主な業務として「市中銀行の監督」、「規制」、「公開市場操作以外の連邦準備制度の業務」、「連邦準備券(ドル紙幣)の発行」などを行い、米国の連邦準備制度を構成する中央銀行のことです。

米国を12の地区に分けてそれぞれの主要都市に連邦準備銀行を設置し、地区ごとで「銀行の銀行(市中銀行の預金を預かる銀行)」として役割を果たしています。

第1地区:ボストン連邦準備銀行
第2地区:ニューヨーク連邦準備銀行
第3地区:フィラデルフィア連邦準備銀行
第4地区:クリーブランド連邦準備銀行
第5地区:リッチモンド連邦準備銀行
第6地区:アトランタ連邦準備銀行
第7地区:シカゴ連邦準備銀行
第8地区:セントルイス連邦準備銀行
第9地区:ミネアポリス連邦準備銀行
第10地区:カンザスシティ連邦準備銀行
第11地区:ダラス連邦準備銀行
第12地区:サンフランシスコ連邦準備銀行

連邦準備制度理事会の歴史

アメリカ合衆国は1776年に建国して以来、「第一合衆国銀行」や「第二合衆国銀行」のような試みはありましたが、分権主義者の反対により中央銀行は成立することなく、各銀行等が米国債などを使って紙幣を発行していました。

1907年には、ロンドンで米銀行の手形割引拒否から恐慌が起きて、アメリカ合衆国内の決済システムが混乱しました。

この問題へ対策するため、1910年11月22日、当時金融業界TOPにいたJ・P.モルガン所有のジョージア州沿岸ジキル島で会議が行われ、FRB設立についての計画が議論されました。

1913年に、ウッドロウ・ウィルソン大統領がJ・P.モルガンやポール・ウォーバーグ、ジョン・ロックフェラーの財力を後ろ盾に、オーウェン・グラス法(FRBを創設する法律)に署名をしました。

この年多くの上院議員達が休暇で不在の隙をついて議会を通過させ、12月23日にワシントンD.C.に駐在する連邦準備制度理事会と12の地区に分割された連邦準備銀行により構成される連邦準備制度が成立しました。

この記事のカテゴリ:用語集

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,724,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 153勝57敗

投資額の2倍の金額を貰えるスプレッド取引が大人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +418,371円 【現在検証中!】
現在の勝敗 63勝21敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で最大13,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +353,873円 【現在検証中!】
現在の勝敗 283勝125敗

仮想通貨(ビットコインなど)の相場を使って取引出来る事が魅力。価格の上下が大きいので取引チャンスが多い!500円から始める事もでき、初心者にもオススメ。

公式サイトはこちら

4位:トレード200

トレード200(TRADE200)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

ペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事!そして200円から取引を始められる為初心者にもオススメ!「経済指標カレンダー」で取引チャンスも丸わかり!

公式サイトはこちら

5位:ソニックオプション

ソニックオプション(SonicOption)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

業界トップのペイアウト率2.02倍以上を誇る「レンジ取引」が大人気。500円から始められ初心者から上級者まで広い範囲でオススメ。

公式サイトはこちら