勝ちたい人必見!包み足でバイナリーオプションを攻略しよう

投稿日:2021/06/10
包み足でバイナリーオプションを攻略
この記事のまとめ
  • ・包み足が転換ポイント!理解して使えば利益を出せるチャンス
  • ・バイナリーオプションで勝率をあげる方法

バイナリーオプション取引をしている方は包み足という言葉を聞いたことがあるでしょう。

酒田五法の一つとしても有名なチャートパターンですよね。

包み足はバイナリーオプションでも非常に有効な転換サインとして使うことができます。

しかし、実際にどのようにバイナリーオプションで使うのか、わからない方も多いのではないでしょうか。

この記事では包み足を理解して、バイナリーオプションで勝率をあげる方法を解説します。

包み足が転換ポイントになるわけ

包み足は強力な相場の転換サインとなります。

ですが、ある程度、包み足について理解しないと使いこなせません。

ちなみに、包み足を理解する段階で他の有名な勝ちパターンも覚えられるので2倍お得。

ここでは包み足について、そして包み足が転換ポイントになる根拠について解説します。

包み足とは

包み足

包み足には上図のように出現場所によって2つのパターンがあります。

別名をアウトサイドバー。

厳密な定義はちょっと違ってくるのですが、バイナリーオプションでは「包み足」と「アウトサイドバー」は同じと思って問題ないでしょう。

上図ではどちらも前の足の安値・高値より次の足の高値・安値が飛び出していますよね。

このように前の足を次の足ですっぽり包んでしまうチャートパターンを包み足と言います。

•上昇から下降への転換サイン【陰の包み足】:
「高値圏」で前の足の「陽線」を次の足の「陰線」が包み込むチャートパターン。

•下降から上昇への転換サイン【陽の包み足】:
「安値圏」で前の足の「陰線」を次の足の「陽線」が包み込むチャートパターン。

ポイントは出現場所。

下降への転換サインである陰の包み足は「高値圏」で出現しないと効果を発揮しません。

陽の包み足は逆で「安値圏」での出現が条件です。

包み足はチャートパターンだけではなく、「どこで出現したのか」が大事なので一緒に覚えるようにしましょう。

なぜ包み足が転換ポイントになるのか?

なぜ包み足が転換ポイントになるか考えたことはありますか?

包み足が転換ポイントになる理由は、包み足を作る2本のローソク足を解体すると良くわかります。

下の図で上昇から下降に転換する場合で説明しますね。

包み足転換ポイント解説

この図の赤矢印が実際の値動きのイメージになります。つまり1本のローソク足が形成されるまでの値動きを連続で表したものになります。

この図を見てピン!とくる方は相場について勉強しているのではないでしょうか。

実は包み足はダウ理論を元に相場転換の根拠を作っているのです。

上図の①までは順調にダウ理論の高値更新・安値切り上げを続けていますよね。

しかし2本目のローソク足で②番の「押し安値」を下に抜けている事がわかります。

この時点でダウ理論でいう「トレンドの明確な終わり」つまり上昇トレンドの根拠が崩れたわけです。

高値圏で押し安値を下にブレイクしたポイントは上昇のダウ理論が崩れたポイント、つまりこれから下降トレンドが始まるかも知れないポイントとして、世界中のトレーダーが売りの行動を起こす部分なのですね。

ちなみに、上昇トレンド中の最後の安値部分を「押し安値」、下降トレンドの場合は最後の高値を「戻り高値」と呼びますから覚えておきましょう。

実際はもっと複雑な値動きですが、基本的には包み足は「ダウ理論が崩れて売り買いが集中するポイントだから相場が転換しやすい」と覚えていいでしょう。

バイナリーで包み足を使いエントリーするコツ

包み足も他の手法同様に「ダマシ」が存在します。

ダマシに引っかかってしまうと、バイナリーオプションは判定時間が決まってるので大きな痛手ですよね。取り返しがつきません。

ですので、ここでは無駄な負けを減らす方法つまり「なるべくダマシに合わない方法」を3つ紹介します。

次の足の動きを見てエントリー

再び先ほどの画像で説明します。

包み足転換ポイント解説

実は包み足が完成した時点ではまだ「相場が転換するかもしれない」状態です。つまり「相場が転換しないかもしれない」状態を含んだ不確定要素の多い状態なのです。

この不確定要素が少なくなるポイントが上図③の部分つまり陰線の安値を下に抜けた部分です。

上図③のポイントは赤線の動きを見ると下降のダウ理論の安値更新、高値切り下げが成立した部分なんですね。

「ダウ理論が成立=下降トレンドが開始しただろう」という理由で、③部分を下抜けした事を確認してからのエントリーがFXでもセオリーになっています。

バイナリーオプションでのエントリーも、包み足成立の次足00秒からのエントリーではなく、次足が前足の安値・高値を更新したら、残時間でエントリーする方法がおすすめですね。

長期足で包み足を見つけたら短期足でエントリー

包み足のエントリー方法で一番のおすすめかもしれません。

以下でエントリーポイントの一例を紹介します。

30分足包み足

最初に30分足の画像の黄色の囲いの中に包み足が確認できるでしょうか。

赤ラインが陰線の高値・安値部分なので、前の足の陽線を完全に包んでいますね。

1分足エントリーポイント

次に1分足のチャートをみます。

1分足のチャートの青の背景部分が30分足で包み足作ったローソク足2本分になります。

1分足では①番で高値更新に失敗し、②で前回安値をブレイク、そしてエントリーポイントを探す段階でした。

ですので、30分足で包み足が完成した後、包み足2本目の安値ライン(赤ライン)を突破した③でエントリーすることができるわけです。

長期足の包み足を見つけて短期足でエントリーする場合の注意点として、判定時間を長めに取るようにしましょう。

ちょっとした逆行などで負けない為の対策です。目安として、5分足なら10分以上、1分足なら3分以上の判定時間がいいでしょう。

ちなみに、長期足で根拠を見つけると、例えば上図の④番や⑤番で強気のエントリーすることができますよ。

MTF(マルチタイムフレーム分析)と呼ばれる長期足と短期足を同時に分析してエントリー根拠を強める分析方法です。

MTFは様々な手法の勝率を高めることが出来ますから、機会を作って学んでみてはどうでしょうか。

短期足の包み足の勝率を上げる方法

包み足などのチャートパターンは基本的に長い時間足の方が精度が高くなります。

バイナリーオプションは1分足や5分足がメインとなりますから、どうしてもダマシの頻度が高くなってしまうのですね。

そこで短期足で包み足が出現した場合、長期足の動きや相場環境を観察してエントリー判断をすることをおすすめします。

以下に一例を解説しましたので参考にしてください。

5分足包み足

5分足で陽の包み足が出現したパターンです。

黄色枠内が包み足、陽線の安値・高値で赤ラインを引いています。

オレンジ色の背景部分は30分足のローソク足の期間と動いた範囲を囲っています。

30分足相場状況

この時30分足を見ると少し前の足から何度も下ヒゲをつけてほぼ同じラインで反発されていますよね。

そして赤矢印のローソク足が5分足で包み足が出た時の30分足のローソク足になります。

リアルチャートでは恐らく何度も反発されているラインで同じく反発され、長い下ヒゲを作っている最中だったでしょう。

つまり下に抜ける可能性は低いと判断できるわけです。

5分足エントリーポイント

再び5分足に戻り、赤矢印のローソク足が①のラインを抜けた瞬間、15分取引の残時間でエントリーします。

30分足の相場状況が後押しして、包み足の成功確率が高いと考え強気でエントリーできるわけですね。

実際その後も、①のラインを下に抜けることなく上昇していますね。

相場状況はその都度違いますから、自分なりに判断できるまで練習と慣れが必要でしょう。

しかし、このようにエントリーに自信を持つことができるようになりますから、ぜひ練習してみてください。

包み足を利用して実際にバイナリーオプションでエントリーしてみました

ここでは「バイナリーオプションで包み足が使えるのか?」をリアルチャートで実際にエントリーして検証してみました。

今回取引に利用したのはハイローオーストラリアです。

今回は以下のチャート設定と取引条件で取引しました。

チャート分析用MT4の基本設定

•使用MT4:FXCM社
•監視通貨:AUD/JPY、AUD/USD、EUR/JPY、EUR/USD、GBP/JPY、USD/JPY
•時間帯:16:30~19:00頃(XM社の経済指標の★3つがある場合は前後30分はエントリーしない)
•移動平均線:指数平滑移動平均線(EMA)
•RSI:期間を5、10%と90%に設定
•RCI:長期52(オレンジ)、中期26(水色)、短期9(赤色)

今回はマルチタイムフレーム分析(MTF)を積極的に取り入れます。またインジケーターとして移動平均線の他にRSIとRCIを使って分析してます。

30分足設定

30分足より上位足はすべてこの設定となります。

大衆心理を意識した200日EMA(指数平滑移動平均線)(白色)と直近の値動きを把握するための20EMA(赤色)を表示させます。

30分足と上位の時間足で相場状況の把握、ラインは主に30分足を基準に引きます。

5分足設定

5分足はラインの細かな修正及びエントリーポイントの判断に使用します。

インジケーターはRSI、RCIの他に、1時間足を意識した240EMA(オレンジ)、30分足を意識した120EMA(水色)、直近を意識した20EMA(赤色)の三本の指数平滑移動平均線を入れています。

1分足設定

1分足は最終的なプライスアクションを見てエントリーするタイミングを判断する時間足になります。

指数平滑移動平均線3本は100日EMA(オレンジ)、50日EMA(水色)そして20EMA(赤)で設定しました。

ではここから実際にエントリーした内容を紹介します。

1分足設定

今回、5分足で包み足を発見しました。

丁度画像の黄色ラインで反発したローソク足です。

しかも大引け陰線。

大引け陰線とは上ヒゲがあり下ヒゲがない大陰線で強い下降の可能性のあるローソク足の事をいうのですね。

反対に下ヒゲがあり上ひげがない大陽線を大引け陽線といいますから覚えておいてください。

ここで30分足を確認します。

30分足エントリー

30分足は下降トレンドではないですが、上昇の根拠がなく現在長い上ヒゲをつけてローソク足が形成中です。

移動平均線がデッドクロス直前でRCIも長期線、中期線両方とも下降を示しています。

このことから今現在は下降の力が強いと判断しました。

1分足エントリー

1分足に切り替えエントリータイミングをとります。

チャートの薄い青で囲った部分は5分足で包み足を作った2本のローソク足を1分足で表した範囲になります。

チャートの①番オレンジラインが包み足2本目陰線の安値のラインなので、このラインをローソク足が抜けた瞬間にターボ取引の3分でLOWエントリーをしました。

ハイローオーストラリアで実際にエントリーした内容

上記の画像は実際にハイローオーストラリアのターボ3分取引で取引した内容です。

ハイローオーストラリアで実際にエントリーした結果

そして取引結果です。購入後上昇してしまいましたが、いいタイミングで購入出来たと思います。

今回のエントリーは長い時間、下降の勢いが続くとはいえないポイントですが、以下の根拠で強気でエントリーできたポイントと言えます。

・5分足で陰の包み足、しかも陰線が大引け陰線

・30分足の相場状況が上昇の根拠がなく、現在のローソク足が上ヒゲを長くつけて形成中、RCIの中期線、短期戦も下降が強い状態。

・一時的な下降の勢いの可能性はあるが、1分足だったら5分足の勢いを利用してエントリーできる可能性がある。

このように根拠を重ねているので、ぜひ今回の包み足のエントリー基準を参考にしてみてください。

まとめ : 包み足が転換ポイント!理解して使えば利益を出せるチャンス

包み足は理解して使えば大きな根拠となることがわかってもらえたでしょうか。

同時にダウ理論などのチャート分析の基本の考え、使い方を応用すればさらに勝率の高いエントリーポイントを探せると感じてくれればうれしいです。

包み足はFXでも多くのトレーダーが利用する有名なチャートパターン。

つまり大衆心理でチャートが予想通りの方向へ動く可能性の高い部分です。

FXで使われるチャートパターンや法則はバイナリーオプションでも非常に強いエントリー根拠となる事は知っているでしょう。しかし何故か初心者には敬遠されがちですよね。

学ぶことを避けてはバイナリーオプションでは勝てませんよ。

バイナリーオプションは投資ですから、情報を集めて選択し、正しい方法で使わなくては勝てません。

決して近道はないのです。

投資は時間は必要かもしれませんが、正しい努力は利益となって返ってくる世界です。

包み足をきっかけとして相場の基本法則を理解し、バイナリーオプションで勝っていきましょう。

包み足をするのにおすすめのバイナリー業者

そして「包み足」をするのにおすすめのバイナリーオプション業者はペイアウト率最大2.30倍のハイローオーストラリアです。

ハイローオーストラリアでは新規口座開設をするだけで5,000円が貰えるキャッシュバックボーナスを開催中。さらに最低入金額が5,000円と低価格で取引を始められるので初心者でも気軽に取引が出来る業者です。

出金トラブルもなく安心して始められるのでどの業者にするか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

ハイローをで攻略する

包み足を使ってハイローオーストラリアを攻略してみる

ハイローオーストラリア
業界TOPで稼げるペイアウト2.3倍取引があり、翌日出金も可能!5,000円から始めることができる文句なしのユーザー満足度No,1業者です! 基本情報・体験談をチェック 公式サイトはこちら

当サイトで検証した攻略法を使って稼げている業者ランキング

実際に当サイトで検証した攻略法を使って利益が出ている業者をランキングにしています。業者ごとに利益が出てる攻略法を紹介していますので合わせてご覧ください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア
利益:+5,098,950円 勝敗:435勝93敗 勝率:82.3% 攻略:RSI分析で勝率70%以上安定トレード!

ペイアウト2.3倍(払い出し2.3倍)のスプレッド取引が大人気!短期取引で大きく稼ぐ事が可能です!
おすすめの理由は高ペイアウト率ももちろんですが、翌日出金が可能な点5,000円から始められる点、初回入金で5,000円のボーナスを貰える点も人気の秘訣。
当サイトでも実際に検証し、1番利益を出せているおすすめの業者です。

2位:ザオプション

ザオプション
利益:+1,418,371円 勝敗:163勝41敗 勝率:79.9% 攻略:ザオプションだけの10秒足トレード!

theoption(ザ・オプション)では、『スプレッドハイロー』『スプレッド短期』2種類のペイアウト2倍取引を提供しています。そしてテクニカル分析がとてもやりやすい『デスクトップアプリ』が使えます!
また、期間限定で口座開設後10日以内に10回取引を行うと10,000円分のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施中!

3位:ゼン・トレーダー

ゼン・トレーダー(zentrader)
利益:+89,540円 勝敗:22勝8敗 勝率:73.33% 攻略:現在検証中

ゼン・トレーダーではペイアウト率が最大1.97倍と高く、ドル円などに加え、仮想通貨の相場を使って取引が出来ます!
しかも土日でも取引可能!今なら口座開設で5,000円のキャッシュバックボーナスを貰えます!

4位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ(FiveStarsMarkets)
利益:+1,353,873円 勝敗:283勝125敗 勝率:70.2% 攻略:仮想通貨バイナリーオプションの”裏技攻略法”

ファイブスターズマーケッツはドル円などに加え、仮想通貨の相場を使って取引が出来ます!しかも365日24時間取引可能。変動が大きい仮想通貨は勝てやすい為オススメです!
500円から始められるので初心者にも◎。また、実際に出金検証を行い当日出金ができる事も確認しています。

5位:トレード200

トレード200
利益:+90,000円 勝敗:21勝8敗 勝率:72.41% 攻略:ボリンジャーバンドで1分取引攻略!

トレード200(TRADE200)の特徴はペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事です。そして200円から取引を始められる為初心者にもおすすめ!
取引チャンスが分かる経済指標カレンダーはトレード200だけです。更に入金時やキャンペーン時に貰えるポイントは1ポイント=1円で取引に使用可能。

この記事のカテゴリ:テクニカル