バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事

エンベロープ

このページのメニュー
概要

概要

読み方:えんべろーぷ

英語:Envelope

enberop_image2

エンベロープとは、レートが平均値からどのくらい離れているのか(乖離しているか)を表すトレンド系のテクニカル指標です。現在のレートが平均値から離れすぎていると元に戻ろうとする習性を利用して売買のサインを読み取ります。

移動平均線の上下に2本ずつ、一定の割合で乖離させた(ずらした)線を描きます。チャートはローソクの日足を利用し、25日移動平均線をその時の相場に合わせて任意で割合を設定します。割合は任意ですが、「0.25%」「0.50%」の乖離率がよく利用されます。

チャートは平均線から離れると、真ん中に戻ってくる習性があるので、離れすぎたときは転換の目安になります。

この指標は、チャートが上下の線を越したときに売買のサイン(トレンドの転換期)となりますが、上述のようにUPバンド(上側の線)とLOWバンド(下側の線)を自分で設定する必要があります。設定した乖離率が小さすぎても大きすぎてもサインがうまく読み取れなくなるので注意が必要です。

引き方は上下2本の線がどちらかが、だいたいで良いのでチャートの山や谷に当たるように引ければ大丈夫です。あまり細かく分析する指標ではなく、売られすぎや買われすぎの大雑把な目安を知りたいときによく使われています。

エンベロープは以下の計算式で求められます。

上の線=移動平均 +(移動平均×n%)
下の線=移動平均 -(移動平均×n%)
※n=比率(乖離率:%)

この記事のカテゴリ:用語集

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,724,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 153勝57敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +418,371円 【現在検証中!】
現在の勝敗 63勝21敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ(fivestarsmarkets)
現在の損益 +353,873円 【現在検証中!】
現在の勝敗 283勝125敗

仮想通貨(ビットコインなど)の相場を使って取引出来る事が魅力。価格の上下が大きいので取引チャンスが多い!500円から始める事もでき、初心者にもオススメ。

公式サイトはこちら

4位:トレード200

トレード200(TRADE200)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

ペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事!そして200円から取引を始められる為初心者にもオススメ!「経済指標カレンダー」で取引チャンスも丸わかり!

公式サイトはこちら

5位:ソニックオプション

ソニックオプション(SonicOption)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

業界トップのペイアウト率2.02倍以上を誇る「レンジ取引」が大人気。500円から始められ初心者から上級者まで広い範囲でオススメ。

公式サイトはこちら

6位:オプションビット

オプションビット(optionbit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

相場の動きを予想してくれるシグナルツール『アルゴビット』が人気の業者です。さらに自動取引『フォロートレード』で勝率が高いトレーダーに取引を任せる事も!

公式サイトはこちら