バイナリーオプションで順張りを狙う場合はMACDで判断

投稿日:2013/08/23 更新日:2015/01/26

2の本の線の位置を交わり方を見てトレンドを予想できるMACD

ボリンジャーバンドは、“逆張り”のチャンスを探るのに役立つチャートですが、これに対し“順張り”のタイミングを判断するのに活用できるのがMACD(マックディ)と呼ばれるオシレーター形のチャートです。
>>ボリンジャーバンドが逆張りを狙えるチャンスについての記事を読む

MACDってなんなの?

簡単に説明すると、MACDは短期の移動平均線と長期の移動平均線がどれくらい離れているかを示す指標です。チャートの構成は、横軸が時間、縦軸は中心を0として上半分はプラス領域、下半分はマイナス領域となっています。RSIと違い、折れ線は2本で、1本はMACD、もう1本はシグナルと呼びます。

MACDのそれぞれの線の名前を説明する画像

上の図で説明すると、緑のラインがMACDのライン、青いラインがシグナルラインとなります。

2本の線はほぼ並んで上下に動きますが、MACDが先行し、シグナルがその動きを追いかける仕組みになっています。

2本の線がプラス領域の上のほうにあれば、RSIと同じように「買われすぎ」のサイン、マイナス領域の下のほうにあれば「売られすぎ」のサインになります。

簡単なMACDの使い方

ゴールデンクロスとデッドクロスを見つけよう

マイナス領域でMACDがシグナルを上から下に抜ける「ゴールデンクロス」、プラス領域でMACDがシグナルを上から下に抜ける「デッドクロス」が現れたときは、相場が転換した可能性が高くなります。
>>トレンドの転換を示すゴールデンクロスについての記事はこちら

この「ゴールデンクロス」「デッドクロス」を見つけて、新しいトレンドの流れにそって“順張り”をすれば、予想が当たる可能性が高くなると思います。

MACDを使う場合の注意点

だましに気をつけよう

MACDには、「だまし」といって、「買われすぎ」「売られすぎ」のサインに従って予想した場合に、流れに沿って動いてくれないことがあります。この「だまし」は、MACDだけでなく他のテクニカル分析でも見られる現象です。この「だまし」を防ぐ方法を次で紹介します

だましを防ぐ魔法のフィルター

これはMACDだけに限っていえることではありませんが、テクニカル分析は単体で利用することは少ないです。RSIやMACDなど、さまざまなテクニカル分析を複合してフィルターをかけることで、「だまし」を見極めることができるようになります。

今回は、MACDについて説明するために単体で利用した場合の手法を説明しました。

絶対ではありませんが、色々なテクニカル分析を複合して利用することで、「だまし」の発生を抑えて過去のデータや統計に基づいた確立の高い予想をたてることが可能となります。

MACDとその他のテクニカル分析を複合した攻略については、またの機会にご紹介させていただきます。

この記事のカテゴリ:テクニカル

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

人気No.1

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

ザオプション(theoption)

theoption(ザ・オプション)

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)

仮想通貨(ビットコインなど)の相場を使って取引出来る事が魅力。価格の上下が大きいので取引チャンスが多い!500円から始める事もでき、初心者にもオススメしています。分析ツールあり。

公式サイトはこちら

トレード200

トレード200(TRADE200)

ペイアウト率2倍固定のRETURN200取引がある事!そして200円から取引を始められる為初心者にもオススメ!経済指標カレンダーで取引チャンスも丸わかり!

公式サイトはこちら

ソニックオプション

ソニックオプション(SonicOption)

業界トップのペイアウト率2.02倍以上を誇る「レンジ取引」が大人気。500円から始められるので初心者から上級者まで広い範囲でオススメしています。

公式サイトはこちら